ダイワブックサービス

Read Article
ダイワブックサービス会社概要2

大阪市で古本出張買取に行ってきました。大量買取

三連休の中日。高速道路は午前中から混んでいます。
わたしも会社員時代は春の三連休と言えば必ずどこかに出かけていた記憶があります。
寒い冬から空気が緩み、普段は出不精な人でさえ「ちょっと外出してみようか」というような日です。
車慣れしていない人も外にでてくるものですから、渋滞が発生するはずです。
他の要因としては県外の方なんかは道が分からないので交差点で迷っていたりします。
事故も見てしまいました。三連休、経験から言いますと最終日は古本の買取の依頼はあまりまりません。
次の日から会社勤めですから少なくて当然です。
最終日くらいはやっぱり家でゆっくりされたいのでしょうね。
当店の古本の買取の状況も三連休の初日が一番多く、次に2日目、最終日はまだ予約が1件です。

昼間はヒーターやストーブが要らなくなってきました。
暖かくなってくると土間の倉庫は床から水分が蒸発しだし、簀子を敷いていないと本が傷んでしまいます。
今朝は少し心配になりましたので、床に平積みしてある本を確認。やっぱり少し湿気っています。
そろそろ業務用の除湿器を使う時期になってきました。
今年はもう一台追加しようかと考えています。

大阪市で古本の出張買取

午後からは大阪市で古本の出張買取に行ってきました。
先日からの買取の続きです。訪問2回目です。
歴史、思想、哲学、宗教などの書籍がたくさん。
数は数えられませんでしたが推定で1万5千~2万冊ほどでしょうか。(結局数えられませんでした)
2部屋とトランクルームが本で埋まっていました。
とにかく整理で空にしたいというご要望。120サイズダンボールで150箱ほどんになりました。
初回訪問の日に車二台で2往復。ようやく床が見えてきて全容が把握できてきました。
とにかく気になったタイトルの書籍は片っ端から購入し読んでいたような感じです。
新刊書店のカバーそのままです。
ちらほらカバーを剥いでみると面白そうなタイトルが多。
とにかくダンボールに詰めて運び出します。
文庫が詰まった箱は40キロほどになってしまいます。
若いスタッフは平気で運び出ししますが、私には無理。腰にきてしまいました。
常々、紐で括っての運び出しを推奨はしているものの、やっぱり箱の方が断然早い。
20束ほどまとめ買いしているビニールの紐が中々減りません。
代わりに、厚めに特注で作ってもらっているダンボール、一つ90円ほどするのですが見るみる減っていきます。
最初はダンボールはスーパーや果物屋さんにもらったりしていたのですが、中々集めるのは難しい。
ホームセンターのダンボールより厚紙で作ってくれてるのでいつも注文しています。
文庫、新書、単行本、雑誌をオールマイティに収納できる大きさしています。
何度も試行錯誤しましたが、やっと納得のいくサイズが作れました。
と、喜んでいるもつかの間、私の体力が落ちてきて、もう少し小さめに作らなければいけない日がすぐそこまで来ています。
スタッフ同行の買取はダンボール。私一人の古本買取は絶対に紐ですね。単行本なら30冊ほど。10キロ無いと思います。
紐の結び方も本当、人それぞれ。私は本をひっくり返すことなく結びます。体力的にも楽です。
でもスタッフは「くるり」と本全体をひっくりかすスタイル。キツく結ぶことが可能なようです。
紐で縛りだすと古本屋っぽいです(古本屋ですが)
でも今回はダンボール。
約50箱梱包。ハイエースに乗らないことはないのですが、積載オーバーになるので、2回にわけて運搬。
無事に終了しました。

 

2件目。北に移動。
こちら大学教授宅です。お電話の時点で正確な数を把握できませんでした。
到着してざっと拝見。3000冊以上。車に乗りません。
ご自宅の蔵書なので急がないとのこと。
リトグラフとひと箱だけ本を持ち帰り。
来週に出直すことで一旦引き上げることに。
ご自宅からの夜景が綺麗でした。

帰って倉庫の整理です。黙々と大きさ別で本を分けていきます。
プラスチックのカゴに移し替えて積み上げていきます。
あまり在庫を抱えすぎてもいけませんが、古本屋の経営者としては積み上がっている本の在庫をみると「ほっ」とします。
他業種の社長さん、特に物販業の経営者さんには「在庫を抱えてはいけない」と会うたびに言われますが、古本屋は抱えても良い業種だと思っています。
売れ筋なんかは確かにありますが、基本は「その1冊を買いたい方が現れるまで気長に待つ商売」です。
食品と違って腐りませんしね。今は1年ぐらいで売れる本しか販売にかけていませんが、もう少し余裕ができたら「10年抱えて売れるかもしれない本」も在庫にしてしまってもいいと思っています。
そんな気でいなければ古本屋、ホンマしんどい商売です。

買取のご依頼お待ちしています。

大阪市で古本の出張買取

詳細はこちらクリック