ダイワブックサービス

Read Article
ダイワブックサービス会社概要2

古本屋の買取以外の作業はPC登録や出荷、仕分けなどです。

古本出張買取
ご自宅まで出張します




———————————————————
古本出張買取
ダイワブックサービス
0120-129-860←タップで電話掛ります。
0744-45-2980
奈良県桜井市太田7-1
06-6855-3980
大阪営業所:豊中市蛍池西町2-8-12-102
※出張買取専門。持込買取には対応していません。
古本出張買取の案内←クリック
———————————————————
買取できる本の案内はコチラ

【古書店の一日】2017.11.20
朝から小雨が降っています。急に気温が下がりました。
雨+寒さはつらいです。
ブログではほとんど買取のことを書いていますが、古本屋の作業は買取以外にも多くあるのでどんな作業があるのかを書いていきたいと思います。
販売の方のお客さんはネットでの顧客と古本屋さん。
小売りはほぼ100%ネット販売です。
古本屋さんも3業者さんほど定期的に買いに来てもらったり、代理で販売してもらったりとお付き合い。

割とマイペースでお仕事ができるわけです。

今日は昨日販売された古本を出荷。朝のうちは大き目の荷物です。
2人がかりでせっせと梱包や出荷業務。
ひと段落しましたら、小型の古本の出荷。
こちら昼前から夕刻までかかります。
これは専属のスタッフが対応。
これに並行して、一人のスタッフが商品化する本を仕分けしていきます。
朝から出荷した二人(一人は私)は昼から商品のネットへの登録作業です。

こう書くと忙しそうに見えますが、そこは古本屋。割とゆっくりと音楽聞きながら作業していきます。
その間に数件の古本買取のお電話。中には数か月までに配布したチラシのお電話も。
チラシの買取案件ネット広告と異なり「大量良質」の一撃があります。
買取額が数十万円から時に百万円近くの買取の案件が来るのが特徴です。
まだドアをノックしての買取をやったことはありません(私は多分今後もやらない)が、もしそんな広告活動する古本屋さんが出てきたら新たな買取層を発掘できるかもしれませんね。

雨の日は体の調子もおかしいです。
腰も傷みます。
PCに向き合っていると、ストレートネック(スマホ首)で頭痛にも。
今日は早めに買えります。